英語への情熱– category –

語学英語への情熱

世界中がネットで繋がり、いつでもどこでも世界中の人と会話できる現代。未だ日本人の英会話に関するコンプレックスは根強いものがあります。
それでも「外国の方と会話したい」「英会話をもっと上達させたい」という人はますます増えてきています。
これから英語を本格的に学ぶに当たって、大切なことは何か?
このコーナーでは、大臣など世界中のVIPをクライアントに持つ日英同時通訳者・印田知実さんに、これから「英語を学びたい方に、ぜひ理解してほしいこと」を、彼女自身の体験を元にしたエッセーでお届けします。

印田 知美

印田知美さんプロフィール

上智大学文学部英文科卒業。外資系銀行、エアラインの役員秘書を経て、中近東(バーレーン)勤務。湾岸戦争直前に帰国翌日に元防衛庁統合幕僚会議議長の私設通訳兼秘書となる。一方で平成3年に有限会社メドフェインターナショナル設立。各国語の通訳、翻訳を中心に、語学人材を派遣する委託業務も行なう。自ら通訳(マーケティング、医学/製薬、製造、官公庁、アカデミック等、分野を問わず)、翻訳にて、国内外を飛び回る傍ら、女子聖短期大学、日立製作所、中央大学経済学部等での英語講師、講演を務める。NEWTON社英語科主任研究員として、TOEICを中心に多数の英語教材開発経験も有する。秀明大学総合経営学科非常勤講師として、留学生対象の英語教育に注力しつつ、アジア各国(特に台湾)との国際ビジネスを構築した経験を生かし、現在は実務翻訳者、国際会議レベル(各国閣僚、CEO、大学等)の同時通訳者として超多忙な日々を送る。現在、TOEIC990点満点30回にて自己記録更新中。2022年4月より、新潟産業大学経済学部通信制非常勤講師。