シリーズ「ボクはパリ症候群、だった。」– category –

アウトドア 旅行シリーズ「ボクはパリ症候群、だった。」

当サイト編集部員でもある近藤淳司氏がパリへの想いを綴った書籍「ボクはパリ症候群、だった」の一部を本人了解のもと、シリーズでご紹介します。パリ在住で出会った様々な魅力(裏の真実)をお伝えします。

近藤 淳司プロフィール

作家兼編集者。福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部を経て東京大学大学院総合文化研究科、パリ第7大学にて19世紀フランス文学・美術史を学ぶ。プラグインアーツ副代表、電子書籍事業部プロデューサー。またフランス語や英語等の外国語教育アプリのプロデュース、及び経営・語学教育等のコンサルティング事業を展開。飲食店を経営。