MENU

やってはいけないNGなこと/大人のバーの楽しみ方part.6

やってはいけないNG

「何を、どう頼んで良いかわからないから、バーは苦手」

そんな不安な気持ちの皆さんに、バーで注文のやり方について、

1.バーの種類とお酒の種類について
2.バーでの注文と注意点
3.やってはいけないNGなこと

の3回に分けて解説しています。過去2回はこちら part.4  part.5

今回は3つ目の「やってはいけないNGなこと」について、解説していきます。
これからバーに行ってみたい方、既にバーを楽しんでいらっしゃる方も必見です!!

バーでやってはいけないこと。やるとカッコ悪いこと

「これをやったら、かっこ悪いよ!」ということを最後にまとめたいと思います。

私をイメージしたカクテル、又は私が好きそうなカクテルをお願いしますという注文

これは、本当に辞めていただきたいです。
ぶっちゃけ「そんなのわかるわけないやろ!」ってなります(笑)。
カクテルの説明でごまかすことはいくらでもできますが、味が好みでなかったり、イメージと違ったりすることがありますので、バーテンダー、お客様双方にとってリスクでしかないので、辞めて下さい。

有名店のオリジナルカクテルと同じを注文をすること

「〇〇〇の店で飲んだカクテルと同じものを注文したい」とたまに言われます。
先程と同様、「知らねーよそんなの」ってなります(笑)。
レシピまで教えて貰ったら作ることはできますが、レシピがわからない以上、再現不可です。
「〇〇〇で飲んだオリジナルカクテルがあるんですけど、美味しかったんですよねー」くらいに留めておきましょう(笑)。

バーテンダーやスタッフにマウントを取ること

「どこどこの有名店で〇〇というお酒を飲んだ」
「お酒の知識のひけらかし」
をする人がたまにいますが、非常にダサいです。
「あ、この人モテないな」と一発で分かります(笑)。
見てる側も聞いてる側からも、冷ややかな目で見られてしまいますので、絶対にやめましょう。

提供されているサービスについて、固定観念を押し付けてくること

バーに限らず飲食店は、自分好みの料理やお酒を提供してくれるお店を探すのが醍醐味なのに、どのお店に行っても同じものが出てくると勘違いしてるお客様がいます。

大枠のレシピ構成はどこの店も類似していますが、細かいところは、各お店のこだわりで違ってきます。
同じジントニックでも、ジンによってライムからレモンにしたり、オレンジにしたりと、より主材料が引き立つようにレシピを考案しています。
なので、「この酒はこういう飲み方が正しい!」等、押し付けることは、辞めましょう。

他店と価格を比較すること

あからさまに、値段の比較をする人がいます。
「うわっ。ここの店、高いね。俺の知ってる店だと、山崎〇〇〇円で飲めるのに」みたいな。
その言葉の背景に、人件費や地価、都市化具合等を総合的に考えた上での発言で(これだけ地方・地域で違うんだーみたいな)あれば問題ないのですが、単純に価格設定について、文句をつけている人を見かけます。
空間・サービス料を理解できない人と判断されてしまいますので、思っても口にしないようにしましょう。

注文時の注意点とは、少し話しは逸れますが、会計時にも注意していただきたいことがあります。

会計時の細かい割り勘

たまにですが、きっちり割り勘しようとする人がいます。

別に割り勘が悪いわけではありませんが、会計にもたついていると、非常にダサいです。

特にデートの時に現金で支払う場合は、1万円札で会計をして、お釣りを貰うのがスマートです。もしくは、クレジットカードやQRコード決済で、サクッと支払を済ませる。

今は、電子マネー同士での送金も容易なので、大人数の場合でも、代表して一人が先に会計だけ済ませておいて、店を出た後、もしくは、後日、割り勘しましょう。


バーでの注文のやり方について、3回にわけて解説してきましたが、いかがでしょうか?
お酒を知らないからと言って、恥ずかしがることは何もありません。
私も知らないお酒の方が多いので、バーに行った時は、気になったことについて素直に質問します。
バーテンダーもスタッフも、お客様との会話のやりとりを楽しみに仕事しています。
素直な気持ちで、気軽に相談していただければと思います。


おススメのシリーズ

【お知らせ】 この記事をご覧の皆様に、投稿者 福岡さんのお店「BAR DEEP」よりお知らせです。

飲食店の明日をご覧の皆様へ。
当店へご来店の際に、「記事を見たよ」とスタッフへ言っていただければ、最初の1時間の飲み放題料金を25%OFFにてご案内させていただきます。
福岡いらっしゃった折には、是非お立ち寄りください。

やってはいけないNG

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする