「そうでもないよ」は2単語英会話でなんて言う?/ 2つの英単語で日常会話が! ~美少女ロボYUNAMONの簡単英会話 第8回


YUNZMON 初めての小学校から帰宅して…

玉子
「今日ね、さっそく宿題が出たんだって」

と玉子。伸宏に宿題を見せる。

伸宏
「どれどれ、うぁ、こんなにあるんだ!パパ宿題嫌いだったなあ。
YUNAMONも初日から大変だねぇ」
YUNAMON
「Not really.」
YUNAMON
「そうでもないわ」
伸宏
「Not really.」
伸宏
「大変じゃないの?」
YUNAMON
「だって、見て、英語の宿題。“A~Zのアルファベットをノートに10回ずつ書き写すだけモン”」

と、英語の宿題を見せるYUNAMON

YUNAMON
「私、先生が間違えて小学5年生じゃなくて5歳児の問題を出したのかと思っちゃったモン」
玉子
「確かに、日本語の“あいうえお”は、5歳くらいで覚えるもんね」
YUNAMON
「でもね、難しい問題もあるモン」
伸宏
「どれどれ?パパが教えてあげよう」
YUNAMON
「全部ね、鉛筆で書かなきゃいけないモン」
YUNAMON
「効率悪いモン」
伸宏
「あーあ、そういう問題かあ
確かにパパが子供の頃は、漢字の書き取りとか何十回もやらされたけど
今は変換キーを押せばいいだけだもんなあ」
伸宏
「あのベンダコは何だったんだ」
玉子
「さあ!明日も学校よ」
玉子
「宿題終わらせて、早く寝ましょ」
伸宏 YUNAMON
「はーい」
YUNAMON
「やれやれ、ずいぶんアナログなやり方だけど
こっちの時代に少しは合わせていかないとだモン」

次回へ続く


~ 美少女英会話ロボYUNAMON ~

ある日、練馬に住む野村夫婦のうちに送られてきた美少女のロボット”YUNAMON”(ユナモン)。
その頭脳には「2単語英会話アプリ」が埋め込まれており、野村夫婦に「たった2単語のカンタン英会話」をレクチャーしてゆく。
しかし、YUNAMONが彼らのもとに送られてきた本当の目的は、ある壮大な夢を実現するためだった……。
【劇中の英会話アプリについて】
🔷デイビッド・セインの2単語英会話 for KIDS
詳細はこちら App Storeはこちら

ありがとうの英会話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする