MENU

バーテンダーが普段言わない本当のところ〜ウイスキーの飲み方(トワイスアップ・水割り編)

数回ウイスキーのシリーズを書いてきました。よろしければ、こちらもご覧ください。

今回は、トワイスアップと水割りについて書いていきます。

トワイスアップとは?

ストレート(左) トワイスアップ(右)

「トワイスアップ」という言葉を初めて聞いた人も少なくないと思います。

というか恐らくバー業界やその関連する業界の人以外、耳にしたことはないかと…(僕も聞いた事がなかったので…)。

トワイスアップですが、どんな飲み方なのかといいますと、ウイスキーと同量の水を注いで飲む飲み方となります。
※ウイスキーを30ml注いだ場合、水を30ml入れる。

バーでは、ストレートで注文した際に提供されるチューリップ型のグラス(テイスティンググラスとも言われます)で提供されることが多いです。※ご自宅で楽しまれる際は、ワイングラスで代用して良いかと思います。

この飲み方の特徴は、下記の通り。

  • ウイスキーと同量の水を入れるので、飲みやすくなる。
  • 加水することでアルコール感が抑えられ、ウイスキーの本来の香りが立ち上がってくる。

ウイスキーを製造する際に味を決めるブレンダーと言われる職人がどのメーカーにもいますが、その方達がウイスキーの味を確認する時に飲む飲み方が、トワイスアップと言われています。
また加水する水は、天然水で常温が望ましいです。
ウイスキーが常温で保存されている&冷えたものは、引っ張る性質がある為、香りの立ち上がりに影響がある為です。

バーでは、最初からトワイスアップで注文することは、少ないと思います。
※少なくとも私は、ウイスキーを最初からトワイスアップで注文を受けたことは一度もありません。

ストレートで注文をして結果、トワイスアップになるというケースがほとんどかと思います。

水割り

ウイスキーの水割り

スナックや居酒屋でもお馴染みの水割りです。

最近は、どこのお店でもハイボールが浸透してきているので、昔よりは飲まれなくなったかもしれません。

水割りは、ウイスキーを水で割った飲み方です。

「水割りで」と注文すると、何も指定がなかったら、ウイスキーを30ml注いで、その後、適量の水が注がれます。

ウイスキーの水割りは、バーテンダーの腕を試すにはもってこいの飲み方です。
当店のカクテルテストでも、水割りを採用していますが、作り手によって全く味が変わります。
※ソーダ割の時よりもはっきり力量が分かります。

本当に美味しい水割りは、甘く感じます。
そして、飲み終わりにウイスキーの芳醇な香りが鼻から抜けていきます。

なかなかウイスキー本来の甘さを引き出した水割りが味わえることはありませんが、本当に美味しいので、是非一度バーで味わっていただきたいです。
当店のスタッフは、厳しい試験に合格していますので、是非ご来店いただければと思います(笑)。

水割りに使用する水ですが、こちらも天然水が望ましいです。

経験値的な話になりますが、以前、純水(不純物を取り除いた綺麗な水)と天然水で水割りを作って比較してみたところ、天然水で作った水割りが美味しく出来上がりました。良質な天然水が豊富な場所でウイスキーが製造されていることもあると思います。

あと、少し古い年代のウイスキーで、水割りで飲むとまろやかでとても美味しいです。例えば、1980年代に流通していたウイスキー等。昔のウイスキーは、同じ銘柄でも全く味が違います。理由は諸説ありますが、とにかく酒質がしっかりしていて、どのウイスキーでも美味しいです。

古いラベルのウイスキーを見かけたら、是非一度試してみてください。
意外とおじいちゃんの家やおばあちゃんの家に、銘酒が眠っていることもあるかもしれません。

いずれの飲み方も、飲みやすくウイスキーの甘みを感じやすい飲み方だと思います。
トワイスアップは、ウイスキーだけでなく、ラムやシェリー酒等、ベースのお酒を変えても問題ありません。
※〇〇というラム酒のトワイスアップくださいという注文の仕方をします。

「普段飲んでいるウイスキーに1:1で水を入れるとこうなるんだ!」と誰でもなると思いますので、一度試してみてはいかがでしょうか?


おススメのシリーズ

【お知らせ】 この記事をご覧の皆様に、投稿者 福岡さんのお店「BAR DEEP」よりお知らせです。

飲食店の明日をご覧の皆様へ。
当店へご来店の際に、「記事を見たよ」とスタッフへ言っていただければ、最初の1時間の飲み放題料金を25%OFFにてご案内させていただきます。
福岡いらっしゃった折には、是非お立ち寄りください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする