「思い切って行け!」は2単語英会話でなんて言う?/ 2つの英単語で日常会話が! ~美少女ロボYUNAMONの簡単英会話 第15回


野村家の朝。玉子とYUNAMON、そこに伸宏が起きてくる。

伸宏
「おはよう」
玉子 YUNAMON
「おはよう」
伸宏
「二人のおかげで、仕事もうまく進んでるよ」
玉子
「良かったー」
伸宏
「そして今日はいよいよ、新メニューのプレゼンがあるんだ」
YUNAMON
「どんなメニューなんだモン?」
伸宏
「おっ、、いい質問だ
パパが働いているお店はイタリアンレストランなんだ
デザートの前に必ずリゾットが出る」
YUNAMON
「ロボット?」
伸宏
「リゾット!」
伸宏
「お米をバターで炒めて、ブイヨンを加えて煮込んだイタリア料理さ
トマトやきのこ、チーズのリゾットが一般的だ」
玉子
「だいたいよくあるのは、その3種類よね」
伸宏
「そこでだ。パパが考えたのはインバウンド向け、日本流リゾット。
ブイヨンではなく、だし汁を用意し
トマトやきのこではなく、梅干しを入れる
そして煮込むのではなく、あえて深皿に炊いたご飯を盛り
そこにだし汁をかけていただくー」
玉子
「ねぇパパ、それって、」
伸宏
「わかる!外国の方は、梅干しが苦手なのでは、と言いたいのだろう?
だから、梅干しの代わりに、鮭や明太子を入れても良い
そして最後に、日本のトラディショナルフード、刻み海苔を乗せて完成だ!」
伸宏
「これでプレゼンは、もらったぁ!」

伸宏、喜び勇んで退出。

YUNAMON
「Go hard. 」
YUNAMON
「思い切ってやってきてだモン」
玉子
「だからパパ、それって、お茶漬けっていうんじゃ・・・
まいっか、Go hard. 思い切ってねー」
YUNAMON
「よしよし。2単語英会話で、日常の問題を解決できるようになってきたモン
そろそろ、次の段階に行ってもいいモン」

次回へ続く


~ 美少女英会話ロボYUNAMON ~

ある日、練馬に住む野村夫婦のうちに送られてきた美少女のロボット”YUNAMON”(ユナモン)。
その頭脳には「2単語英会話アプリ」が埋め込まれており、野村夫婦に「たった2単語のカンタン英会話」をレクチャーしてゆく。
しかし、YUNAMONが彼らのもとに送られてきた本当の目的は、ある壮大な夢を実現するためだった……。
【劇中の英会話アプリについて】
🔷デイビッド・セインの2単語英会話 for KIDS
詳細はこちら App Storeはこちら

思い切っての2単語英語

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする