MENU

街で見かけた変な英語 「Fresh Baked Scorn!」

街で見かけた変な英語 Fresh Baked Scorn

街で見かけた変な英語のフレーズの紹介。レストランのメニューにあった「Fresh Baked Scorn」に外国人は大笑い。どこが変なのか、その理由を清家 香先生が教えてくれます!

清家 香先生

英会話スクール イングリッシュ・パートナーズの清家 香です。

街で見かけた変な英語

Fresh Baked Scorn

これは都内のレストランで見たものなのですが、朝食のメニューの中にとんでもないものがありました!!

Fresh Baked Scorn というのは、直訳すると

「新鮮に焼けたばかりのスコーン」

で、問題ないかと思うのですけど、実はこれ、

Fresh Baked Scorn = フレッシュな軽蔑、冷笑

という意味になってしまうのです。

これは、多分、スコーンのスペルの間違いで、

×scorn
scone

というふうに書いて欲しかったですね。

アメリカから来た友達も凄く笑ってしまって、
Fresh Baked Scorn 「フレッシュな冷笑?アハハ!!」となってしまって….

注意してください。


街で見かけた変な英語 
Fresh Baked Scorn 
×scorn ではなく scone
が正解です。


もう恥をかかない英語 種類別一覧

Information 

■アプリで学びたい方はこちら!

声優気分で英会話!
マネして楽しい、しゃべれて嬉しい!

レイニー先生の動画で簡単英会話

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

イングリッシュ・パートナーズ


Fresh Baked Scorn

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする