MENU

ネイティブが使わない 「 マロン」

ネイティブが使わない  マロン

ネイティブは使わない英語の紹介。
栗のことを言う「マロン」。なぜ使わないのかの理由と、英語での言い方を清家 香先生が教えてくれます!

清家 香先生

英会話スクール イングリッシュ・パートナーズの清家 香です。

ネイティブが使わない 

マロン

まずここで言う「ネイティブ」は、

ネイティブ = アメリカ英語

の方々のことなので注意してください。

「マロン」は直訳すると「栗」ですよね。マロングラッセとか美味しいお菓子ありますね。でも実はなんと「マロン」というのは、フランス語なんです。

では、マロンの英語は何と言うかというと、

 = chestnut

となります。

そもそも栗はナッツの中の一種類なのですが、アメリカにおいて「マロン」というのは、なんと

マロン = ザリガニ

を意味するそうなのです。ビックリしました。


ネイティブは使わない マロン 
マロンの英語は、chestnut です。
マロングラッセなど食べているときに是非思い出してください!


もう恥をかかない英語 種類別一覧

Information

■アプリで学びたい方はこちら!

声優気分で英会話!
マネして楽しい、しゃべれて嬉しい!

レイニー先生の動画で簡単英会話

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

イングリッシュ・パートナーズ


マロン英語

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする