MENU

街で見かけた変な英語 「Have a nice fright!」

街で見かけた変な英語 Have a nice fright!

街で見かけた変な英語のフレーズの紹介。航空会社の広告にあった Have a nice fright! に、外国人はビックリするようです。どこが変なのか、その理由を清家 香先生が教えてくれます!

清家 香先生

英会話スクール イングリッシュ・パートナーズの清家 香です。

街で見かけた変な英語

Have a nice fright!

こちらは、ネットで見たある飛行機会社の古いポスターなのですが、
Have a nice fright! を直訳すると「よい飛行を!」と、問題ないかなと思うのですが、実は何と!

Have a nice fright! = よい恐怖の旅を!

というとんでもない怖い意味になってしまうんです。

何が間違っていたかと言うと、スペル(綴り)が間違っていたのです。

× fright 〇 flight

の、l(エル)が正解です。
フライトの一文字が違うだけでこんなに意味が違ってきます。

これは、単なる間違いではなく、皮肉の聞いたジョークかなと思ってしまいますよね。(笑)


街で見かけた変な英語 
Have a nice fright! ではなく
Have a nice flight! が正解です。


もう恥をかかない英語 種類別一覧

Information 

■アプリで学びたい方はこちら!

声優気分で英会話!
マネして楽しい、しゃべれて嬉しい!

レイニー先生の動画で簡単英会話

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

イングリッシュ・パートナーズ


街で見かけた変な英語 Have a nice fright!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする