MENU

ネイティブが使わない「TPO」

ネイティブが使わない TPO

「TPO」という言葉は実は和製英語でネイティブは使いません。英語では何と言えば良いかレイニー先生が教えてくれます!

レイニー先生

Hey, what’s up?
イングリッシュ・パートナーズのレイニーです。

ネイティブが使わない

TPO

よく「TPOをわきまえて」と言ったりもしますが、これは

T = time(時)
P = place(場所)
O = occasion(場合)

つまりは、

TPO = 時や場所や場合によって服装や言葉遣いなどの使い分け

ということで、各々の頭文字から「TPO」いうのですが、実はこれ和製英語なのです。

海外で同じニュアンスで言いたければこうなります。

Please be aware of the time, place, and occasion!

「時、場所、場合(TPO)をわきまえましょう!」

というふうになるんですね。

これが和製英語だとは意外でした。


ネイティブが使わない TPO
そのニュアンスで言いたければ、
time, place, occasion
と言ってください。


【シリーズ紹介】

ネイティブが使わない英語

学校で習ったのに、実はネイティブは使っていない英語。てっきり英語だと思っていたら和製英語だったものも。
そんなネイティブが使わない英語を紹介しています。

和製英語

てっきり英語だと思っていたら、そんな言葉は無かった。
日本でしか通用しない和製英語は沢山あります。

全シリーズの中から、和製英語をピックアップしました。恥をかく前に、是非知っておいてください!

もう恥をかかない英語 種類別一覧

Information

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

オンライン英会話

イングリッシュ・パートナーズ

TPO

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする