MENU

ネイティブが使わない「シャープペンシル」

ネイティブが使わない「シャープペンシル」

事務用品の「シャープペンシル」 をネイティブは使いません。英語での言い方と日本での呼び名との違いをレイニー先生が教えてくれます!

レイニー先生

Hey, what’s up?
イングリッシュ・パートナーズのレイニーです。

ネイティブが使わない

シャープペンシル

シャープペンシル」って英語じゃないの?と思いますよね。

でも、sharp pencil とネイティブの方に言うと、

sharp = 鋭い、鋭利な
pencil = 鉛筆

「尖った鉛筆??」というふうに思われてしまい、「シャープペンシル」というイメージには結びつかないようです。

正しく英語で何と言うかというと、

mechanical pencil

となります。

mechanical = 機械的な、機械の

という意味があります。

そもそも日本で「シャーペン」と言われるようになったのは、19世紀にアメリカで発売された「Eversharp pencil」から、シャープペンシルと言われるようになり、略されて「シャーペン」と言われるようになったそうです。


ネイティブが使わない シャープペンシル
英語では、mechanical pencil
です。


【シリーズ紹介】

ネイティブが使わない英語

学校で習ったのに、実はネイティブは使っていない英語。てっきり英語だと思っていたら和製英語だったものも。
そんなネイティブが使わない英語を紹介しています。

和製英語

てっきり英語だと思っていたら、そんな言葉は無かった。
日本でしか通用しない和製英語は沢山あります。

全シリーズの中から、和製英語をピックアップしました。恥をかく前に、是非知っておいてください!

もう恥をかかない英語 種類別一覧

Information

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

オンライン英会話

イングリッシュ・パートナーズ

シャープペンシルの英語

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする