MENU

ネイティブに笑われる! 「サーティーワン」

ネイティブに笑われる!  サーティーワン

有名なアイクリームのお店「サーティーワン」。そのまま使うとネイティブに笑われます。正しい呼び方とその理由をレイニー先生が教えてくれます!

レイニー先生

Hey, what’s up?
英会話スクール イングリッシュ・パートナーズのレイニーです。

ネイティブに笑われる

サーティーワン

サーティーワン」というと、あの有名なアイクリームのお店ですよね。

日本では、「サーティーワン・アイスクリーム」という名前で親しまれていますが、実はこれ、アメリカでは通じないのです。

例えば、

Let’s go to 31.

「サーティーワンに行こうよ。」

と言ったら、「31に行こうよ??」と笑われてしまいます。

では、何と言えばいいかというと、

Baskin Robbins

です。

Baskinさんと、Robbinsさん。二人の方が創業者なのですが、アメリカ最大のアイスクリームパーラー店ですね。

サーティーワン」とは、そもそも31種類のアイスクリームなので、「1か月毎日違うアイスが楽しめる」という意味が込められているそうです。


ネイティブに笑われる サーティーワン 
アメリカでは、Baskin Robbins
間違えないでくださいね!


【シリーズ紹介】

ネイティブに笑われる英語

何気に使うとネイティブに笑われたり、ビックリされたりする英語。

言い方、使い方やスペルの間違いなどで、ネイティブに笑われてしまう英語の数々を紹介しています。

もう恥をかかない英語 種類別一覧

Information

■アプリで学びたい方はこちら!

声優気分で英会話!
マネして楽しい、しゃべれて嬉しい!

レイニー先生の動画で簡単英会話

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

イングリッシュ・パートナーズ


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする