MENU

ネイティブが使わない 「スイートルーム」

ネイティブが使わない スイートルーム

ネイティブは使わない英語。ホテルの最上級の部屋の呼び名「スイートルーム」をネイティブは使いません。英語での正しい言い方と例文をレイニー先生が教えてくれます!

レイニー先生

Hey, what’s up?
英会話スクール イングリッシュ・パートナーズのレイニーです。

ネイティブが使わない

スイートルーム

「スイートルーム」と言うと、ホテルの中でも最上級の部屋のことを言いますよね。

でも実はこの「スイート」は、「甘い」の sweet のスペルではないことをご存じでしたでしょうか?

実はこちらの綴りの

suite

を使うんです。
ただややこしいのは、甘い「スイート」も、スイートルームの「スイート」も同じ発音なので、ややこしいです。

決して、「甘いお部屋」では無いことを覚えておいてください。

ちなみに、suite はこの一語で「スイートルーム」と言う意味になるので、

suite room = スイートルームルーム

になってしまうので、room が余計です。

例えば例文だとこうなります。

「スイートルームの予約したいです。」

I want to make a reservation for a suite.

となります。


ネイティブは使わない スイートルーム
suite 一単語で十分「スイートルーム」です。


【シリーズ紹介】

ネイティブが使わない英語

学校で習ったのに、実はネイティブは使っていない英語。てっきり英語だと思っていたら和製英語だったものも。
そんなネイティブが使わない英語を紹介しています。

もう恥をかかない英語 種類別一覧

Information

■アプリで学びたい方はこちら!

声優気分で英会話!
マネして楽しい、しゃべれて嬉しい!

レイニー先生の動画で簡単英会話

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

イングリッシュ・パートナーズ

スイートルーム

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする