MENU

「察してよ」 英語では?(ネイティブがよく使うあれこれ)

察してよ 英語では?  

ネイティブがよく使う英語の紹介です。会話の中で良く使う「察してよ」の実際の英語での言い方と使い方をアキラ先生が教えてくれます!

アキラ先生

Hey guys! 英会話スクール イングリッシュ・パートナーズのアキラです。

「察してよ」、英語では

get a clue

「察してよ」って思う時、ありませんか?
私は凄くあるので今回ご紹介したいのですが、

clue = ヒント・手掛かり

という意味です。
なので、直接的に言わなくても、「気づいてよー」と言いたい時に使えるフレーズです。

例えばこんな風に使います。

何回も断っているのに、しつこくデートを誘ってくる相手に対して、

「もう、察してよ。」

Get a clue already.

とこのような感じで使います。

また、人の気持ちを分かって欲しい時

Take a hint

他にも、人の胸中を察して欲しい時

Get the message

という感じで使うことができます。


察してよ 英語では get a clue 
是非使ってみてください!


日常会話で役立つ英語 活用別一覧

Information

■アプリで学びたい方はこちら!

声優気分で英会話!
マネして楽しい、しゃべれて嬉しい!

レイニー先生の動画で簡単英会話

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

イングリッシュ・パートナーズ


察してよの英語

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする