MENU

「怪しい」 英語では?(スラング)

怪しい   英語では?

ネイティブが日常会話でよく使うスラングの紹介です。「怪しい」の英語での言い方と例文をアキラ先生が教えてくれます!
※スラングとは英語の俗語のことで、ネイティブスピーカーが友達同士などの親しい間柄で使われる砕けた表現のこと。

アキラ先生

Hey guys! 英会話スクール イングリッシュ・パートナーズのアキラです。

怪しい」は、英語では、

sketchy

早速、例文です。一緒に練習してみましょう!

「なんかこの辺り、怪しくない?」

This area looks kinda sketchy isn’t it?

(復唱してください)

sketchy はもともと

sketchy = 大ざっぱな・不完全な

という意味ですが、スラングでは、「怪しい」というニュアンスで使われます。

なんかこの辺り大丈夫かなあ?という、通りやお店に対してよく使います。

「怪しい」は他にも

  • shady
  • suspicious

とも言うので、併せて覚えてください!


怪しい は、英語では、sketchy 
是非覚えて使ってみてください!


【シリーズ紹介】

ネイティブ同士の会話で使われるスラング。

ネイティブは親しい仲間同士でどんなスラング(俗語)を使っているのか?
スラングと意味の両面から動画で解説します。

スラング

日常会話で役立つ英語 活用別一覧

Information

■アプリで学びたい方はこちら!

声優気分で英会話!
マネして楽しい、しゃべれて嬉しい!

レイニー先生の動画で簡単英会話

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

イングリッシュ・パートナーズ


怪しいの英語

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする