MENU

「要注意人物」英語では?(スラング)

要注意人物  英語では?

日常会話でネイティブがよく使うスラングの紹介。
「要注意人物」の英語での言い方と例文をレイニー先生が教えてくれます!
※スラング : スラングとは英語の俗語のことで、ネイティブスピーカーが友達同士などの親しい間柄で使われる砕けた表現のこと。

レイニー先生

Hey, what’s up?
英会話スクール イングリッシュ・パートナーズのレイニーです。

「要注意人物」、英語では

bad news

もちろん、

  • 悪い知らせ
  • 悪いニュース

という意味もありますが、「情報・状況・人物」など幅広く使える単語なんですね。
今回は「人物」に焦点を当ててみたいと思います。

こちらはスラングで、よくあった会話です。

「元彼は要注意人物だったわ。」というように使いたい時は

My ex was a bad news.

と、このように使います。

そして、例えば、とある女性が電話をしてきて、仕事辞めたいと言ってきたとき、

「やっぱり彼女は迷惑な人って最初からわかってたわ。」
というふうに言いたければ、

I knew she was a bad news from the beginning.

のように使います。


要注意人物 英語では
bad news 
bad newsな人が周りにいたら気をつけて下さい。


【シリーズ紹介】

ネイティブ同士の会話で使われるスラング。

ネイティブは親しい仲間同士でどんなスラング(俗語)を使っているのか?
スラングと意味の両面から動画で解説します。

スラング

日常会話で役立つ英語 活用別一覧

Information

■アプリで学びたい方はこちら!

声優気分で英会話!
マネして楽しい、しゃべれて嬉しい!

レイニー先生の動画で簡単英会話

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

イングリッシュ・パートナーズ


要注意人物の英語

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする