MENU

「I was like 〇〇」 意味は?(ネイティブが良く使うあれこれ)

I was like 〇〇  意味は?

日常会話でよく使う英語の紹介です。会話の中で頻繁に出てくる「I was like 〇〇」の意味と例文を末田華奈子先生が教えてくれます!

末田華奈子先生

英会話スクール イングリッシュ・パートナーズの末田華奈子です。

I was like 〇〇

意味は、「〇〇と思った」

こちらはネイティブの方がよく使うフレーズの一つで、私もアメリカに短期留学に行った際に、多く使いたかったなあと思う表現の一つです。

使い方としては、

「ライブで彼を見て、凄くカッコいいと思ったの!」

I saw him at a gig, and I was like he was super hot!

のようにカジュアルに使えたり、あと他に、「〇〇と言った」という意味で、「こんな感じで言ったんだよね」という意味でも使われます。

例えば友達との会話の中で、「お母さんに部屋を片付けなさい」と言われて、

「でも、ちょっと汚いくらいがちょうどいいんだよね、みたいな感じで言った。」

I was like I feel more comfortable when my room is not so clean.

のように使います。


I was like 〇〇
意味は 〇〇と思った
是非使ってみてください。


【シリーズ紹介】

ネイティブがよく使うあれこれ

ネイティブが会話で良く使う単語やフレーズ。
英語のその意味と、日本語の英語での言い方の両方を動画とテキストで解説します。

日常会話で役立つ英語 活用別一覧

Information

■アプリで学びたい方はこちら!

声優気分で英会話!
マネして楽しい、しゃべれて嬉しい!

レイニー先生の動画で簡単英会話

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

イングリッシュ・パートナーズ


I was like 〇〇の意味

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする