MENU

「last but not least」 意味は?(プレゼン編)

last but not least 意味は?

ビジネスでよく使う英語の紹介です。ビジネスのプレゼンや会話で使う、last but not least の意味と使い方を清家 香先生が教えてくれます!

清家 香先生

英会話スクール イングリッシュ・パートナーズの清家 香です。

last but not least

意味は、「最後になったけど大切なことを言うよ」です。

これはビジネスシーンでも、普段の時でも、とても出てくるフレーズなのですが、特にプレゼンなどの最後に含みを持って伝える言い方になります。

これは、今まで話してきたことも重要なんだけど、最後に特に大事なことを伝えたいときに、このフレーズを言うことがあります。

例文です。

「最後になったけど、ケイシーを紹介させてください。」

Last but not least let me introduce Casey.

というふうに使います。


last but not least 意味は、
最後になったけど、大切なことを言うよ です。
色んなシーンで使えるので、是非これを使ってネイティブ感をアップして是非使ってみてください。


ビジネスで役立つ英語 活用別一覧

Information

■アプリで学びたい方はこちら!

声優気分で英会話!
マネして楽しい、しゃべれて嬉しい!

レイニー先生の動画で簡単英会話

■英会話を本格的に学びたい方はこちら!

海外で友達と遊んでいるような
そんな楽しい英語のレッスンしてみませんか?

イングリッシュ・パートナーズ


last-but-not-leastの意味

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする