素朴で懐かしい“自分だけの宝物” 季節を問わず楽しめる「フラワーナチュラルリース」

フラワーナチュラルリース

リサーチャー 加藤有加

「リースって、クリスマスだけのものじゃないんだ!」
これが、今回私がご紹介する「フラワーナチュラルリース」を初めて目にした時に感じた“新発見”でした。

リースといえば、毎年冬が訪れると玄関やドアに飾り、見る人の目を楽しませてくれるのクリスマスグッズを思い浮かべますよね?ヒイラギの枝や、赤と緑のリボンでデコレーションされた、クラシカルなアイテム。
でも、こう思いませんか?あんなに素敵なリースを、クリスマスにしか飾らないのはもったいない!とはいえ、夏には少し暑苦しそう…季節を問わず一年中飾れるリースがあったらいいのに、と思っていました。

フラワーナチュラルリース

クラシカルなクリスマスリースも素敵ですが、今回紹介する「フラワーナチュラルリース」は、生活に馴染む “素朴さ”が特長。どんな季節にもぴったりで、ドアに飾って訪問者を迎えるよりも、室内に飾ってインテリアの一つとして楽しみたいアイテムです。だって、こんなに可愛いリースがドアの外で見えなくなったらもったいない。

ミニサイズのバラ、リンゴ、グリーンに、コットン素材のリボン。ガーリーさと大人っぽさを併せ持っていて、どこか懐かしい。そう、子供の頃に作ったシロツメクサの花冠のように、大人になってもいつもそばに置いて眺めていたい自分だけの宝物になるはずです。

フラワーナチュラルリース

さて、このリースをどこに飾ろうか?ワクワクしながら、自宅のあちこちで試してみました。

まずはリビング。包みの箱に入ったまま、棚の上に置くのもおススメ。
もう一つは玄関。同じグリーンでも鉢植えや生花は日光が必要ですが、リースには必要ないので長持ちします。帰ってきた時にこんな可愛いリースがお出迎えしてくれたらホッとするはず。壁にかけても、下駄箱の上に飾ってもいいと思います。

また、飾る時にぜひ試して欲しいのが“香り”を移すこと
お好きな香りの精油を2〜3滴ほどティッシュに染み込ませ、リースと一緒に箱の中に入れておきます。しばらく置いた後箱から出せば、ほのかに香るリースに変身。その場合は数日で香りがなくなってしまうので、来客など特別な日の前日にやっておくことといいでしょう。直接精油をつけてしまうとリースが変色してしまうこともあるので、「香りを移す」様にしてください。

結婚のお祝いや誕生日のプレゼントとして、新しい形で花を贈るのはどうでしょう?
ワンランク上の贈り物選びにおすすめです。


あれこれマルシェ ショッピング

今回ご紹介した商品は、「ショッピングサイト あれこれマルシェ」にて、ご購入いただけます。

リンク先にて商品詳細を是非ご覧ください。

あれこれマルシェ「インテリア」関連記事


フラワーナチュラルリース

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする