これぞアップサイクル!廃材LANケーブルから生まれたスパバッグ

スパバッグ

リサーチャー 橋沢みさこ

リモートワークや在宅勤務による運動不足解消に、ジムやスパに通う人も増えているのではないでしょうか。今回はそんな時に便利な撥水のスパバッグ、しかも環境に優しいアップサイクルで生まれたスパバッグをご紹介したいと思います。

LANケーブルの外皮から生まれたスパバック

スパバッグ

廃材を日用品として生まれ変わらせる、アップサイクル・プロジェクト【Lanble(ランブル)】から生まれた撥水スパバッグ。いったい何の廃材が使われているかというと、皆さんのお宅にも必ず一本はあるであろうLANケーブルの外皮なんです。
LANケーブルの外皮はシースと呼ばれるそうですが、シースは製造する過程でどうしても廃棄される部分が発生してしまうとのこと。でもシースはポリエチレン素材で製造されていて撥水性で耐熱性も高いため、廃棄部分を集めてヒートプレスし身の回りで使えるバッグに生まれ変わらせたそうです。
この撥水スパバッグの本体になっている紐のような糸のような線状のもの。これこそがシースなんですね!
そして持ち手に使用されている素材もなんと車の製造ラインから外れた際に未使用のまま廃棄されてしまうエアバッグの素材!

スパバッグ

スパバッグは実際手に取ってみると、とても軽い!ジムやスパに行く時は荷物が重くなりがちなので、軽いのはとても助かります。そしてなんとも不思議な手触りなのですが、サラサラしていて柔らかさがあって、ポリエチレンなのにまるで麦わらのような触り心地です。そしてご覧の通りのメッシュ感なので水はけも抜群!通気性も良いのでそのまま置いておいてもすぐに乾いてくれそうです。令和元年度グッドデザインぐんま奨励賞を受賞したのもなんだか納得。

スパバッグ

※画像の「高さ」はマチ部分が外に出た状態の採寸になっております

バッグのサイズ:約 横幅22×高さ16×マチ11cm
重さ:約80g
バッグ全体に使用されている素材:
本体素材:LANケーブルバリ(ポリエチレン)
ハンドル:エアバッグ(ナイロン)
ハトメ :アルミ
耐荷重量は約2キロなので、ジムやスパで使用するアメニティ類を入れる分には充分だと思います。

LANケーブルの外皮というちょっと変わったものが素材なだけに、お手入れはどうすれば?と思う方もいらっしゃるかもしれませんがとても簡単です。
汚れは軽く手で水洗いをするか、水で湿らせたスポンジ等で拭き取ればOK。そしてもし、この麦わらのような素材がほつれてきたら、ハサミ等でカットするか、ほつれ部分に130~150℃(低~中)のアイロンをあて、熱圧着させて修復が可能!商品発送時には補修用の同色のシース(LANケーブル外皮)が同梱されてくるのでそれを継ぎ足して補修もできるので、思った以上に長持ちしそうです。

アップサイクルの活動から生まれた撥水スパバッグで体と地球に優しい生活送ってみてはいかがでしょうか。


あれこれマルシェ ショッピング

今回ご紹介した商品は、「ショッピングサイト あれこれマルシェ」にて、ご購入いただけます。

リンク先にて商品詳細を是非ご覧ください。

あれこれマルシェ「エコアイテム」関連記事


スパバッグ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この投稿がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事に関するコメント

コメントする