【本と共に学ぶ私の日本の旅 第2回】私は旅行を計画するとガッツリリサーチするタイプ〜オススメのガイドブック3選

New

アウトドア

2021/04/29

【本と共に学ぶ私の日本の旅 第2回】私は旅行を計画するとガッツリリサーチするタイプ〜オススメのガイドブック3選

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

私は旅行を計画するとガッツリリサーチするタイプ

あなたは旅行を計画した時、前もって情報収集をするタイプだろうか? それとも、行き当たりばったりの旅をするタイプだろうか?

ちなみに私は気になる観光地やグルメなどの情報をくまなく調べないと気がすまない。

おそらく前職時代、ツアーで行く所の情報を徹底的にリサーチしていたせいだ。そうでもしないと、お客様に楽しい旅の思い出をご提供できないとさえ思っていた。

前の職場ではバスガイド専用の教本がそろっていたのだが、なんせ昭和時代に刊行された書籍ばかりだ。そのため古い情報しか載っておらず、どのようにノートをまとめようかと苦戦していた。

そうした時どうするのかというと、先輩や上司に質問したり本を購入したりする。とりわけ定期的に情報が更新されているガイドブックは重宝した。

今回は観光地に関する書籍の中から、神埼が愛用している本をご紹介しよう。また、読みやすさ・情報の網羅性・画像のバリエーションなどの観点からレビューする。

元バスガイドがおすすめするガイドブックベスト3!

本誌とあわせてアプリも重宝したい『まっぷる』

個人的な意見だが『まっぷる』は他のガイドブックより見やすい。なぜなら太字やマーカーで引かれている部分が明確で、格段に読みやすいからだ。

それだけでなく本誌には飲食店や観光地の最新情報が掲載されている。そのためバスガイド時代に重宝していた。なぜなら全国の新鮮なネタを拾うのが日課だったからである。

案外自分が住んでいる県についてよく知らない人は多い。私の場合バスガイドになるまでは、地元の愛知県についてあまり語ることができなかった。

なぜなら「何が有名で、どんな県で、どんなところに魅力があるのか」を理解していなかったからだ。

そんな人間が観光のプロを名乗るのはまずいと思い、『まっぷる』や教本などを読みこんだのである。その結果、他県の人に愛知県の素晴らしさをPRできるようになった。

また付録には本誌の内容をそのままダウンロードできるQRコードと、細かい地図が載っているため便利だ。

<評価(★5が最高得点)>
読みやすさ ★★★★
情報の網羅性 ★★★★
画像のバリエーション ★★★

まっぷる

使用されている写真が綺麗 『COLOR+PLUS』

『COLOR+PLUS』は文章を読むというより、観光地の綺麗な景色や、おいしそうな食べ物の写真を見たい人にぴったり。ちなみに私は『COLOR+PLUS』のカラフルな写真に惹かれて、長崎県と石川県金沢市のガイドブックを購入した。

このシリーズは疲れた時や小旅行気分を味わいたい時に眺めると、癒し効果抜群である。また県ごとに表紙のカラーが違っているため何冊か買って並べたくなる。

<評価(★5が最高得点)>
読みやすさ ★★★★
情報の網羅性 ★★★
画像のバリエーション ★★★

COLOR+PLUS

心強い旅のお守りになる『ココミル』

『ココミル』は株式会社JTBパブリッシングから刊行されている旅ブックである。まったく土地勘がない人や、行きたい場所をいくつか提案して欲しい人にぴったりの内容となっている。

観光地はもちろん、喫茶店や土産物屋に関してもかなり詳しく記載されているため、心強い旅のお守りになること間違いなし!

<評価(★5が最高得点)>
読みやすさ ★★★
情報の網羅性 ★★★★
画像のバリエーション ★★

ココミル

ガイドブックは旅行前のワクワク度を高めるアイテム

何も計画せず、気のおもむくまま旅をするのも一興。しかし、旅行前にあらかじめガイドブックを読んでおくと、あらゆる知識が身につく。それだけでなく「どこへ行こうかな?」とワクワクすると思う。

普段ガイドブックを読まない人は、これを機にお手にとってみてはいかがだろうか。実際に読んでみると、旅行前のワクワク度がいっそう高まるはずだ。

神埼寧

かんざき ねい

味噌の国・愛知県出身、神奈川県在住。9歳の頃から現在まで、物書きになるべくがむしゃらに文章を書き続けている。かっこよく言えばさすらいのデイドリーマー、客観的に見ると向こう見ずな性格。以前はバスガイドとして働いていたせいか、喋り方が独特だと言われがち。現在はフリーライターとして広範囲にわたり活動中。特に取材案件や企業のブログコンテンツ作り、小説の執筆などに注力している。趣味は食べること、あとはお寺や...

SHARE

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • よしのぶ@趣味と本と英語とウィスキー
  • Facebook