英語が苦手な人が英語を勉強する第一歩となる本

New

語学

2020/12/24

英語が苦手な人が英語を勉強する第一歩となる本

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

今回紹介する本は

あなたは英語の形容詞と副詞の違いが説明できますか?

〜英語が大嫌いなビジネスパーソンの皆さんが、最初に読む英文法の本〜

本来、英語学習にに必要なのは声に出すことなのですが、なかなか英語を使う場面もなく、永保学習の本も黙読してしまっている慣れすぎている編集者の反省から企画されました。

英語がわからないのは「声に出さないこと」そして「英語がわからないと悩む多くの人は、英語の形容詞と副詞の違いが分からない」のが理由だそうで、それなら「そんな基礎の基礎の、さらにその基礎のことがわかってない」人々に向けて、これでもか! というくらいの基礎の基礎の、さらにその基礎からくわしく説明する内容になったそうです。

あくまで、この本は「普通の」英文法の参考書へとステップアップするのが目的というだけあって、本当に基礎の部分から、段階を追って説明されています。

各品詞の説明と使い方や実用的な例文の後には、復習テストと章ごとにコラムがあります。今までの英語学習の問題点や具体的な勉強方法といった内容です。文法の説明書というだけでなく、実際にこの本を使って勉強できます。

タイトルに「英語が大嫌いなビジネスパーソンの皆さんが、最初に読む英文法の本」とあるように、会話には興味があるけれど文法が苦手、とっつきづらい、英語は苦手な人が英語を勉強する第一歩となる本だと感じました。

名詞、動詞、形容詞などの品詞とはどういうものかの説明など、細かく書かれているうえに、例題の後に復習テストと答えがあるので英語の問題集としても役立ちます。

各章にあるコラムは納得できるものばかりでした。

特に良かったのが、英語学習時間についてです。「一般に中学校の3年間、高等学校の3年間、そして大学の2年間すべてを合計するとおよそ1,200時間(中略)、授業といっても意識的に英語とかかわっている時間はそれほど多くありません。すると実質的には、630時間ほどになります。これは1日の睡眠を7時間として、残りの起きている17時間をすべて英語の勉強に没頭したとすると、およそ37日分に相当します。」とのことで、あれだけ勉強したのに英語がわからない理由がはっきり書かれています。

学校で何年も勉強したのにとガッカリしていたのですが、理由がわかればどうしたらいいのかが分かってきました。

それにはこの本にも書かれている通り、毎日継続して英語に取り組む仕組みづくり、毎日声に出す環境をつくって行くことが重要です。

声を出すのは英語の本を音読することでもいいのですが、「英語を声に出すのが大切」だと本書で何度も繰り返しているのに実際には音読せずに読み進めてしまいました。

あんなにノリノリで読んでいたのにここに気づかなかったのには猛省です。

編集者も声を出してから伸び始めたとのことですので、2周目からは音読するようになりました。

まだまだ、初めのページなので、効果は出ていないようですが、最後には少しでも進歩しているといいなと思いつつ学習しています。

英語学習は繰り返しが大切なので、1、2回読んで終わりにするのではなくことあるたびに読み返してみようと思います。

ココサブ

ココサブ

ここさぶ

元グラフィック、webデザイナーのフリーランスのライター。最近では動画編集も手掛けています。社会人であると同時に放送大学に在籍。好きなものは、海外旅行、音楽、食べること。週4で激辛坦々麺を食べて胃を壊したほど辛い物好き。音楽は主にクラシックやメタルを聴き、特にメタルは海外のフェスにもいってしまうほど。自分は自分よそはよそスタンスでいるマイペース型。

SHARE

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • よしのぶ@趣味と本と英語とウィスキー
  • Facebook