プラグインアーツの電子書籍

[ プラグインアーツパブリッシングとは ]その話に、翻訳者はいますか?

書きたいことがある。伝えたいストーリーがある。
ふつふつとたぎるその想いが、表現の原動力になります。
でも、強すぎる想いは、ときに空回りしてしまう。
自分が書きたいものと、人が読みたいものは、多くの場合ズレがあります。
料理に例えるなら、いい素材は、引き出す調理あってこそ活きるもの。
私たちプラグインアーツパブリッシングの編集者は、そのためにいます。

印刷や配本といった出版業界のコスト構造に縛られ、
最終的に本として出版できるコンテンツは、これまでごく限られたものでした。
しかし、デジタルの力が、その扉を大きく開いています。
あなたが大切にしたいストーリーを、聞かせてください。
それを最適なかたちに翻訳し、読む人のこころにタッチするのが、私たちの仕事です。

電子書籍の出版にご興味のある方は、プラグインアーツパブリッシングまで、お問い合わせください。

  • よしのぶ@趣味と本と英語とウィスキー
  • Facebook